アロマ&心理アドバイザーのぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 固定概念とこだわり・・・

<<   作成日時 : 2011/10/22 22:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私の師匠?のkanakoさんのブログから転記します☆

http://kanako.wings-of-angel.com/


☆*:..。o○☆゚・:,。☆*:..。o○☆*:゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。☆ ☆*:..。o○☆゚・:,。☆*:..。o○☆*:゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。☆




アセンションの準備を進める上で、私もそうですがヒーラーからいろいろなセッションを受ければそれだけ意識次元を広げることは出来ますが、やはり自分の努力は必要です

いつもいつも日記に書いていますが、

自分と向き合う・・・内観する。


これは決して、ぐるぐる思考に陥ることを勧めている訳ではありません




今とにかく最優先した方がいいと思うのが、固定概念を外すことなのです


この固定概念を外す為には、まずその固定概念があることに気づくことから始めなくてはならないですね




もうこれでもか〜〜〜

ってぐらい、固定概念が植えつけられてる私たちです。


その固定概念に気づく為には、逆説法を使うと分かりやすいかも? と思います




こうなって欲しいのにならない・・・


それって本当にそう思ってる?

って自分に問いかけてみて、ここで一旦リセット


次は、

そうじゃなきゃ駄目だって思ってない?

と自分に問いかける。


そして、

そうじゃなきゃ駄目だと思ってる理由を考えてみる。


これが固定概念です



そうであるべき・・・

そうするのが普通・・・

そうじゃなきゃ駄目なの・・・



固定概念から、ジャッジが始まり・・・

これはいい

これは駄目

が始まります。



ジャッジをいつまでもしていたら、意識次元は広がらず苦しいことばかり引き寄せてしまいます



固定概念とこだわりは違います

固定概念を外せず、それを自分以外の誰かにはめ込もうとするから、そこに無理が生じるのです


でもこだわりは個性だから、自分にはめるものです。



自分が何かを作る時、創造する時の自分に課すこだわりはどうぞご自由にされてください

それは個性だから


でも他人にそれをはめ込もうとすれば、そこから思い通りには行かないことで悩みが生じますから、いつまでたっても苦しい〜〜〜




だから自分と向き合う時は、今日書いた様に自分自信に問いかけてみてください


少しずつでも自分で努力してみませんか?



どこまで行っても、やっぱり自分です






☆*:..。o○☆゚・:,。☆*:..。o○☆*:゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。☆ ☆*:..。o○☆゚・:,。☆*:..。o○☆*:゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。☆



固定概念の強かった私ですが、
最近は随分外れてきたように思います





例えば自分が癒されていないのに、ヒーラーとしてやっちゃいかんだろう とか
自分の家族がぐちゃぐちゃなのに、人の相談なんか聞けないだろう とか




だから?こうなるまでの2.3年は自分を癒すようなセッションや残留思念を昇華するワークを受けたり、
高波動のアロマオイルを使ったりと

色々自己投資をしてきました


それは私の「こだわり」 ですが、他のヒーラーさんやセラピストさんに対しても

「こうじゃなくちゃ」とか「あーじゃなくちゃ」とか思ってました




私の「固定概念」を押し付けてたんです(汗)





色んなセラピストさんが居て、そのセラピストさんに引き寄せられるのはその人次第。

それにいいも悪いもありません


全ては必然
必要な事しか起こらない



私は必要な方に私の出来るワークや講座をさせて戴くご縁を紡いでいくだけ


そう思っています


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
固定概念とこだわり・・・ アロマ&心理アドバイザーのぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる