アロマ&心理アドバイザーのぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ頑張っても充足感が得られないのか?

<<   作成日時 : 2013/01/18 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


おはようございます


今朝は雪化粧したここ唐津です


昨晩、久しぶりに(というより初めて)Webデザインの中田さんから届くメルマガを読んでみると



なるほど〜



と思う事がありましたので、シェアーさせて頂きます




★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆



こんにちは。中田です。
いつもありがとうございます。


■なぜ頑張っても充足感が得られないのか?

忙しい毎日を送っていると自分を見直す時間もなかなかとれないので、
いつの間にか手段が目的化してしまうことがあります。

そうなると本当に自分が望んでいた事(所)に辿りつけないので
頑張っても幸福の実感が得にくくなるのかもしれません。

例えば、お金を稼ぐことは
仕事で社会貢献したり、衣食住を満たしたり、
プライベートを充実させたりすることの手段でしかありません。

お金だけ持っていてもしょうがないですからね。

ですが、いつのまにかお金を稼ぐことそのものが
「目的」にすり替わってしまうとどうなるか?

一つの例としては、社会貢献などどうでもよくなり、
お金を稼ぐための「手段」を選ばなくなる。
あるいは、お金を稼げばそれだけで人から認められるもんだと勘違いしてしまう。

その為、頑張れば頑張るほど本来の目的から逆に遠ざかってしまい、
お金は稼げているのに、いつまで経っても充足感を得られない。

充足感を得られないから、もっと頑張ってお金を稼ぐ。
もっと不幸になる。そんなことを繰り返すわけですね。


いずれにせよ、手段が目的化すると
本来の望みが叶いづらくなる。

こんなおもしろいコピペがあります。

---------------------------------------

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。

すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、 漁師は、
自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、

漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。
戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」


すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。 いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、
漁をするべきだ。それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」


漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんと昼寝して過ごして、夜になったら友達と一杯やって、
ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」
---------------------------------------


人生設計を考えるなにかの材料になれば幸いです。


転記終了

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆



私もまさにその口?で


高校生の頃からバイトをかけもちし、そのお金で運転免許を習得


社会人になってからは自分の貯めたお金でアメリカへホームステイに


正社員でお勤めしていても、


時間があればすぐバイトを探し、Wワークするのは当たり前



常に「どこかにいいバイトないかなぁ?」とお金を追いかけ、



衣・食・住などの物質欲を満たしていました。



モノや経験はそれなりにたくさんあるのに、なぜか心が満たされない



と思い始めた5年前



本格的に精神世界やスピリチュアルを勉強するように



アロマ(エッセンシャルオイル)やカウンセリング、エネルギーワークなどの勉強にたくさんの時間とお金を投資をし、そろそろ飽和状態



特に潜在意識や無意識の存在を知り、心理学的な視点で自分を見るようになると、



何かを求めて頑張り過ぎてたかも?



求めても求めなくても


どちらでも「幸せ」だよね〜



な〜んて「ゆるゆる」に




きっと、そういう事をカウンセリングや講習でお話させて頂く為の通る道だったのでしょう



もしそうじゃなくても、



意味があってもなくっても



それでいいんじゃない〜



やりたい事が見つからなくても


見つかって、それが出来ても出来なくても



葛藤の中やトラブルの渦中にあっても



生きてるっていいね〜



肩の力を抜いて、リラックスして参りましょう〜




今日も長文を最後までお読み頂きまして、ありがとうございました




愛と喜びと感謝を込めて









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ頑張っても充足感が得られないのか? アロマ&心理アドバイザーのぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる